リビングボイスTOP > 株式会社リビングボイスのブログ記事一覧 > 一戸建て購入時に気になる「長期優良住宅」!認定基準や認定を受けるメリットとは?

一戸建て購入時に気になる「長期優良住宅」!認定基準や認定を受けるメリットとは?

≪ 前へ|茅ヶ崎でこどもと一緒にランチを楽しむなら?おすすめ三店舗   記事一覧   平塚市で暮らしたい方必見!防災情報とハザードマップをご紹介|次へ ≫

一戸建て購入時に気になる「長期優良住宅」!認定基準や認定を受けるメリットとは?

カテゴリ:新築一戸建て

テスト台東区の住みやすさや特徴とは?特におすすめのエリアも

こんにちは、リビングボイスの村田です。

新築で一戸建てを購入しようと調べているときに、よく目にする「長期優良住宅」とはどんな住宅なのでしょうか。
長期優良住宅に認定されるとさまざまなメリットがあるようだけれど、詳しいことがわからない…。
今回はそんな方のために、長期優良住宅とはどんな住宅なのか、認定基準や認定を受けるメリットなどについてご紹介していきたいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

一戸建て購入前の基礎知識①:「長期優良住宅」の概要と認定基準とは?

一戸建て購入前の基礎知識①:「長期優良住宅」の概要と認定基準とは?

戦後、経済大国として栄えてきた日本では、長く「使い捨て」の時代が続いてきました。
住宅も同じく「スクラップ&ビルド型」、つまり「つくっては壊す」という考え方が主流でした。
それが近年、「いいものをつくって、きちんと手入れをして長く大切に使う」という「ストック型」への転換が進んでいます。
住宅についても、「長期にわたって長く住み続けられるようにつくられた住宅」を普及させるため、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が2009年に施行されました。
まず長期優良住宅とは具体的にどんな住宅なのか、認定されるにはどんな基準があるのかをご紹介します。

長期優良住宅の概要とは?

「長期優良住宅」とは、2009年に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づいて設定された、「長期優良住宅認定制度」の基準に合格した住宅のことをいいます。
長期優良住宅に認定されるには、長期にわたって良好な状態で使用するための、さまざまな措置が家の構造や設備に施されていなければなりません。
長期優良住宅の認定を受けるには、着工前に所轄行政庁に申請する必要があるため、設計の段階から計画的に進めることが大切です。
長期優良住宅の認定基準は大きくわけてA~Dまでの4つで、Aについてはさらに細かく9点のチェックポイントがあります。

A. 長期に使用するための構造及び設備を有していること
具体的には以下の9点をクリアしている必要があります。
●劣化対策 数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること
●維持管理・更新の容易性 構造躯体に比べて耐用年数が短い設備廃案について、維持管理を容易におこなうために必要な措置が講じられていること
●耐震性 極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための回収の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。
●省エネルギー性 必要な断熱性能などの省エネルギー性能が確保されていること
●可変性 居住者のライフスタイルの変化などに応じて、間取りの変更が可能な措置が講じられていること
●バリアフリー性 将来のバリアフリー改修に対応できるよう、共同廊下などに必要なスペースが確保されていること
●居住環境 良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び環境に配慮されたものであること
●住戸面積 良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること
●維持保全計画 建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修などに関する計画が策定されていること

B. 居住環境などへの配慮を行っていること
居住環境への配慮とは、一戸建てを建てる地域の都市計画や景観計画、また「まちなみ条例」がある場合などには、それらの内容との調和を図ることです。

C. 一定面積以上の住宅面積を有していること
一定の面積とは、具体的には一戸建て住宅の場合で75㎡以上、共同住宅の場合で55㎡以上を指します。
また少なくとも1の階の床面積が、40㎡以上あることが基準となります。

D. 維持保全の期間・方法を定めていること
家を長持ちさせるために定期的な点検や補修を行う計画をあらかじめ決めておくということです。
維持保全が必要なのは、住宅の構造耐力上主要とされている部分、雨水の侵入を防止する部分、給水または排水のための設備となります。

あわせて読みたい|一戸建て購入希望者必見!最近聞く低炭素住宅とは何?

一戸建て購入前の基礎知識②:長期優良住宅認定を受けるメリットとは?

一戸建て購入前の基礎知識②:長期優良住宅認定を受けるメリットとは?

長期優良住宅とはどんな住宅か、また認定されるには細かな基準を満たす必要があることがわかりました。
基準をすべてクリアし認定を受けるのは大変そうですが、認定されると大きなメリットがあるのでご紹介します。

住宅ローン減税の控除額が増える

一戸建てを購入するときには、ほとんどの方が住宅ローンを組むでしょう。
その際に受けられるのが、住宅ローン減税です。
住宅ローン減税とは、住宅ローンを組んで一戸建てを購入すると、年末のローン残高の1%が所得税と住民税から控除される仕組みのことです。
通常は年間の最大控除額は40万円、10年間で最大400万円ですが、長期優良住宅だと年間最大50万円、10年間で最大500万円に控除額が拡大されます!
(2019年10月1日~2020年12月31日までの入居に限り、消費税増税の限定措置で13年間に延長されます)

フラット35で金利が引き下げられる

「フラット35」とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提供する住宅ローンの一種です。
固定金利型の住宅ローンのなかでも、低金利で人気です。
そのフラット35の金利が、10年もの間さらに0.25%引き下げられるのも、長期優良住宅のメリットです。
金利が下がれば月々の返済金額も減り、トータルで支払う利息も減るためお得です。

その他のメリット

その他のメリットとして、一戸建て購入時の登録免許税や不動産所得税、購入後発生する固定資産税の控除額が増えることが挙げられます。
地震保険料に加入する際も、耐震等級に応じて割引きがあるなど、長期優良住宅に認定されるとメリットがたくさんです。

あわせて読みたい|新築一戸建てにかかる維持費は大体どのくらい?定期的にメンテナンスをしよう!

一戸建て購入前の基礎知識③長期優良住宅認定を受けていない住宅

一戸建て購入前の基礎知識③長期優良住宅認定を受けていない住宅

いいことばかりの長期優良住宅なのですが、実は認定を受けている物件はまだそれほど多くありません。
そのため皆さんが購入を希望する新築一戸建てが、長期優良住宅の認定を受けていないことも考えられます。
なかには、長期優良住宅の認定を受けていないと、住宅性能が高くないのではないかと心配になる方もいるようです。
長期優良住宅の認定を受けていない住宅の性能に、不安はないのでしょうか?

ハウスメーカーはコンプライアンスを遵守している

近年大手ハウスメーカーはコンプライアンスを遵守して、より質の良い住宅づくりに力を注いでいます。
欠陥住宅や耐震構造の偽装問題などが、多く報告されたことが背景にあるのかもしれません。
設計事務所や建築家、工務店も同じで、建築する一戸建てが長期優良住宅かどうかに関わらず、耐震性やバリアフリー性を意識した家づくりをしています。

長期優良住宅に認定されていなくても同等のレベルであるケースも多いです。

住宅の資材そのものが進化している

また一戸建て住宅をつくる資材そのものもどんどん進化しているのも、長期優良住宅でなくても安心できるポイントです。
たとえば屋根材や外壁材は、軽量化が進んでいます。
そのため住宅の耐震性能も上がってきていているので、長期優良住宅の認定を受けていないからといって心配に思う必要はありません。

重要なのは建築後のメンテナンス

長期優良住宅であってもそうでなくても、完成後のメンテナンスで住宅の質は大きくかわります。
長期優良住宅に認定されたからといって、定期的に設備を点検しなかったり、傷んできた箇所を補修したりしなければ、家は長くもちません。
逆にいえば、愛情をもって家のメンテナンスを続ければ、長期優良住宅の認定を受けていなくても家は長持ちするのです。

おすすめ|新築一戸建て物件特集

まとめ

一戸建てを購入するときに気になる「長期優良住宅」とは、どういった住宅なのか、詳しくご紹介しました。
長期優良住宅に認定されるには高い基準があり、税制面などでもメリットが多くあります。
しかし認定を受けていなければ、家としての性能が悪いというわけではありません。



私たちがお待ちしています♪⇒スタッフ紹介


——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*—

 株式会社リビングボイス 

 【ホームページ】http://www.living-voice.jp/

 

 神奈川県平塚市北金目1-5-11 スカイヒルズ102

 TEL: 0120-028-551

 Email: info@living-voice.co.jp

——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*—

≪ 前へ|茅ヶ崎でこどもと一緒にランチを楽しむなら?おすすめ三店舗   記事一覧   平塚市で暮らしたい方必見!防災情報とハザードマップをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • LINEページ
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 仲介手数料0円の仕組み
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • リフォーム・エクステリア
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • スタッフブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リビングボイス
    • 〒259-1207
    • 神奈川県平塚市北金目1丁目5−11
      スカイヒルズ 102 (ヨークタウン北金目目の前)
    • 0120-028-551
    • TEL/0463-75-8551
    • FAX/0463-75-8552
    • 神奈川県知事 (3) 第27946号
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


秦野市ひばりが丘 中古一戸建て

秦野市ひばりが丘 中古一戸建ての画像

価格
3,700万円
種別
中古一戸建
住所
神奈川県秦野市ひばりケ丘
交通
秦野駅
徒歩18分

平塚市めぐみが丘2丁目 中古平屋建て

平塚市めぐみが丘2丁目 中古平屋建ての画像

価格
3,650万円
種別
中古一戸建
住所
神奈川県平塚市めぐみが丘2丁目
交通
平塚駅
バス23分 めぐみが丘西 停歩4分

【仲介手数料0円】平塚市西八幡1丁目 新築一戸建て 全4棟

【仲介手数料0円】平塚市西八幡1丁目 新築一戸建て 全4棟の画像

価格
4,680万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県平塚市西八幡1丁目
交通
平塚駅
バス4分 バス停 停歩4分

トップへ戻る

来店予約