リビングボイスTOP > 株式会社リビングボイスのブログ記事一覧 > 中古一戸建ての維持費はどれくらい?安く抑えるコツをご紹介

中古一戸建ての維持費はどれくらい?安く抑えるコツをご紹介

≪ 前へ|囲繞地(いにょうち)の売却!囲繞地が売りにくい理由や売却するときのポイントについて   記事一覧   駅遠マンションはお得?購入のメリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

中古一戸建ての維持費はどれくらい?安く抑えるコツをご紹介

カテゴリ:中古戸建

中古一戸建ての維持費はどれくらい?安く抑えるコツをご紹介

こんにちは、リビングボイスの芭蕉です。
中古一戸建ての大きなメリットの1つが、新築と比べて購入費用が安くなることです。
しかし、中古一戸建ては新築よりも維持費が高くなるケースがあるため、維持費のことも考慮したうえで資金計画を立てる必要があります。
この記事では、中古一戸建てにかかる維持費や修繕費の内訳や、維持費・修繕費を安く抑えるコツをご紹介します。

中古一戸建てにかかる維持費

中古一戸建てにかかる維持費

中古住宅に限らず、住宅には維持費がかかります。
とくに、一戸建てはマンションと異なり毎月管理費や修繕積立金がかかるわけではないため、ご自身で計画的に維持費や修繕費を積み立てなければなりません。
中古一戸建てにかかる維持費は、主に修繕費・税金・保険の3つです。
一戸建ての維持費は30年間で1,000万円以上かかるケースもあるため、中古住宅の購入の際には維持費も考慮したうえで資金計画を立てましょう。
まずは、中古一戸建てにかかるこれらの維持費についてご紹介します。

修繕費

修繕費は、建物の美観や性能の維持に必要なメンテナンスやリフォームにかかる費用です。
築年数が経過すると設備や外壁などが劣化するため、適切なメンテナンスをおこなって性能を維持する必要があります。
建築後20年から10年に1回程度の頻度で修繕をするケースが多く、外壁や水回りを修繕すると1回あたり80万円~150万円程度かかるケースが一般的です。
したがって、修繕費は10年間で100万円~200万円程度必要で、築年数が経過するとより高額な修繕費がかかる可能性があります。

税金

一戸建てを所有している方にかかる税金は、固定資産税と都市計画税です。
いずれも毎年1月1日時点で土地や建物を所有している方にかかる税金ですが、都市計画税は市街化区域内にある土地や建物のみに課税されます。
物件の価格が高いほど税額が高くなる仕組みなので、新築と比べて安い中古一戸建ては建物にかかる税金が割安になるのがメリットです。

保険

住宅にかける保険には、主に火災保険・地震保険の2種類があります。
保険料は建物の構造や保証対象、住宅のあるエリアなどによって異なります。
火災保険の場合、最長10年まで一括で保険料を支払うことができ、10年一括払いで数十万円になるのが一般的です。
地震保険は最長でも5年ごとに保険料を支払う必要があり、建物の規模によっては5年で30万円~50万円程度になることも少なくありません。

▼この記事も読まれています
契約のまき直しとは?言葉の由来やまき直しのタイミングを解説

中古一戸建てにかかる修繕費

中古一戸建てにかかる修繕費

一戸建てにかかる維持費のうち、大きな割合を占めるのが修繕費です。
築年数に応じてさまざまな修繕が必要になるため、計画的に資金を積み立てておきましょう。
中古一戸建ての修繕費についてご紹介します。

築10年ごろから必要になる修繕

築10年を過ぎた一戸建てでは、トイレやキッチン、給湯器をはじめとした水まわりの設備の交換が必要になるケースが多く見られます。
新築一戸建てを購入する場合であれば、入居から数年間は不測の事態で発生するものを除きほとんど修繕費は発生しないでしょう。
しかし、中古一戸建ては水回りの設備が劣化しているケースがあるため、入居直後にこれらの修繕費がかかる可能性もあります。
購入前に設備の様子を確認しておき、修繕費がどの程度かかるか把握しておくと良いでしょう。

築15年~20年ごろから必要になる修繕

一戸建てでは、築15年を過ぎるとシロアリ対策が必要になります。
シロアリ対策にかかる費用は、1回あたり20万円~30万円ほどが目安です。
また、築20年を過ぎると、外壁や屋根、給排水設備やフローリングなど大規模な修繕が必要になります。
このなかでもとくに高額な費用がかかるのが、屋根の葺き替えや外壁の塗り替えです。
外壁・屋根ともに、1回の修繕に100万円~130万円ほどの費用がかかります。
中古一戸建ての場合、物件の状態によっては購入直後に屋根や外壁の修繕が必要になり、高額な修繕費がかかるケースもあるため注意しましょう。
また、給排水設備の修繕も50万円~100万円ほどの費用がかかるほか、フローリングの張り替えは8畳~10畳で20万円~25万円ほどかかるのが一般的です。

築年数に関係なく必要になる修繕費

ここまでご紹介した修繕費は定期的に発生するものですが、修繕費のなかには不測の事態で発生するものもあります。
給湯器などが10年を経過する前に故障してしまうなど、想定よりも早く修繕が必要になるケースも少なくありません。
修繕費が必要になってから慌てないためにも、中古一戸建てにかかる修繕費は計画的に積み立てておきましょう。

▼この記事も読まれています
2階でも快適に!一戸建てでWi-Fiを利用する対策

中古一戸建ての維持費を安く抑えるコツ

中古一戸建ての維持費を安く抑えるコツ

新築より安く購入できるのが魅力の中古一戸建てですが、物件の状態によっては維持費が高くなってしまうケースもあります。
では、中古一戸建ての維持費をなるべく安くするにはどうすれば良いのでしょうか。
中古一戸建ての維持費を安く抑えるコツをご紹介します。

耐久性のある素材でできた一戸建てを購入する

同じ中古一戸建てでも、使われている素材によって耐久年数が大きく変わります。
なるべく維持費を安く抑えるためには、耐久性のある素材でできた中古一戸建てを購入しましょう。
耐久性のある素材は高価なケースが多いため、それらの素材が使われている中古一戸建ても価格が高くなってしまうケースが見られます。
しかし、耐久性のある素材を使っていればメンテナンスにかかる回数を減らせるので、トータルで見れば修繕費用を安く済ませることが可能です。
たとえば、ガルバリウム鋼板でできた外壁は錆びにくく、30年以上もつと言われています。
中古一戸建てを選ぶ際には、使われている素材にも注目すると良いでしょう。
ただし、どんなに耐久性のある素材を使っていても、メンテナンスが適切におこなわれていなければ意味がありません。
素材の耐久性とあわせて、メンテナンス状況も忘れずに確認しましょう。

できる範囲の修繕は自分でやる

外壁の軽微なひび割れや壁紙の交換など、できる範囲の修繕を自分でやれば修繕費を節約できます。
もちろん、マイホームで安全に暮らすには、大規模な修繕は業者に依頼したほうが安心です。
しかし、軽微なものであれば自分でも修繕できるケースがあります。
たとえば、壁の塗装を業者に頼むと100万円ほどかかりますが、自分で塗装すれば材料費だけで済むので費用を20万円ほどに抑えられます。
また、軽微な損傷の段階で自分で修繕していれば、住宅の劣化を防ぐことも可能です。
損傷が大きくなってしまうと修繕費が高額になってしまうので、修繕費を抑えるにはこまめに住宅の状況をチェックして早めに修繕をすることが重要です。
中古一戸建ての修繕費を抑えるためにも、定期的に建物の状況とチェックをする習慣を身に付けると良いでしょう。

利率の低い住宅ローンを選ぶ

中古一戸建ての購入時には、なるべく利率の低い住宅ローンを選びましょう。
住宅ローンは長期間借り入れをおこなうため、金利が0.1%違うだけでも総支払額に数百万円の差が出ることがあります。
利率の低い住宅ローンを選べば総支払額や毎月の返済額が減らせるので、維持費の積み立てによる負担も軽減できるでしょう。

▼この記事も読まれています
住宅ローンの支払いはいつから始まる?タイミングを知っておこう

まとめ

中古一戸建てにかかる主な維持費は、修繕費・税金・保険料の3つです。
なかでも、修繕費は高額になりやすく、物件の状態によっては新築よりも高くなってしまうケースがあります。
維持費をなるべく安く抑えるためには、耐久性のある素材でできた住宅を選ぶなどの対策をすると良いでしょう。


\マイホーム探しはリビングボイスへ/


≪ 前へ|囲繞地(いにょうち)の売却!囲繞地が売りにくい理由や売却するときのポイントについて   記事一覧   駅遠マンションはお得?購入のメリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • LINEページ
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 仲介手数料0円の仕組み
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • リフォーム・エクステリア
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • スタッフブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リビングボイス
    • 〒259-1207
    • 神奈川県平塚市北金目1丁目5−11
      スカイヒルズ 102 (ヨークタウン北金目目の前)
    • 0120-028-551
    • TEL/0463-75-8551
    • FAX/0463-75-8552
    • 神奈川県知事 (3) 第27946号
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

芭蕉 直人 最新記事



芭蕉 直人

お住まい探しはぜひリビングボイスで!ご来店お待ちしております。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


平塚市めぐみが丘2丁目 中古平屋建て

平塚市めぐみが丘2丁目 中古平屋建ての画像

価格
3,450万円
種別
中古一戸建
住所
神奈川県平塚市めぐみが丘2丁目
交通
平塚駅
バス23分 めぐみが丘西 停歩4分

【仲介手数料0円】平塚市西八幡1丁目 新築一戸建て 全4棟

【仲介手数料0円】平塚市西八幡1丁目 新築一戸建て 全4棟の画像

価格
4,480万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県平塚市西八幡1丁目
交通
平塚駅
バス4分 バス停 停歩4分

【仲介手数料0円】平塚市西八幡1丁目 土地(売地) 全4区画

【仲介手数料0円】平塚市西八幡1丁目 土地(売地) 全4区画の画像

価格
2,580万円
種別
売地
住所
神奈川県平塚市西八幡1丁目
交通
平塚駅
徒歩21分

トップへ戻る

来店予約